聖歌655番(旧610番) <現代語訳>

  <現代語訳>

 ① ああ イェス様

  かけがえのない友

  いのちの主

  私の隠れ家(頼り行く所)

  疲れ果てた私の魂を

  救ってくださる私の神様

 

 ※お傍(そば)近くに

  居させてください。

  お傍(そば)近くに

  永遠に(いつまでも)

 

② 何も見えない

  暗闇(絶望の時)にも

  私にあなたを

  賛美させてください

  永遠の住まい(天の御国)の歌を

  あなたの類(たぐい)ない

  み救いを

 

 ※

 

③ 最期の息を引きとる時も 

  あなたのみ声を聞かせください

  天の御国で目覚めた朝には 

  共に歌いましょう

  み栄を(栄光)を

 

 ※

 

 

1.ああイェスきみ、

  こよなき友よ 

  いのちの主かくれがよ  

  つかれはてしこのたましいを

  もたげたもう(ぉ)わがかみよ

 

 ※そばちかくおらせたまえや

  そばちかくとこしえに 

 

2.目になにもみえぬよるにも 

  わがくちにうたわせよ   

  とこしなえのすまいのうたを

  たぐいもなきみすくいを  

 

  ※

 

3.最期のいきひきとるときも  

  ながこえをきかまほし    

  とこよのあささむるときには 

  ともにうたわんみさかえを 

 

  ※